• yamy

Oto wo dasu

私はライブで1音を出すときに、その音がどうゆう音であって欲しいかというイメージをして音を出します。

その1音が自分のイメージの理想の音に近づけるよう、発声練習だのなんだのと練習を重ねてきました。(まだまだ理想には近づけないことばかりですが。。。)

そのたった1音、出したらすぐ消えていってしまう物のために、莫大な時間とお金をかけてきています。ばかみたいだけど、そのくらい私の中では1音1音が大事な物なのです。

他のミュージシャンの方もみんなそうだと思っています。

昨日、SKYでPAをやってくれた男の子とその話をしていて

「でもさ、演奏者がどんなに練習して万全に臨んでも、最終的にその音を生かすか殺すかは最後の出口のPAにかかってるよね。PAってすごい責任重いよね〜!」と。

 PAさんが本当に信頼できる人であるかどうかは、音1つ1つを大切に考えられる人かどうかというところと、そこには並々ならぬこだわりを持っているかということが大きいと思っています。

 AKIBA BASEのイベントでは費用に見合わない豪華機材とベテラン職人の方々が腕をふるってくださり、あの音を作ってくれています。それは「演奏者のためにもお客さんのためにも、少しでも良い音を作りたい」という制作サイドからの気持ちなのです。だから演奏する側は絶対手を抜いてはいけないし、その気持ちに応える努力を最大限しなければいけないと思います。それは「上手に失敗なくやる」ということではなくて、その音を出すために、「どのくらい音楽と向き合ってきたか」ということなんだと思います。

(私はそれが充分にできていなかったと感じた回があり、そんな演奏をしてしまった自分が恥ずかしくて恥ずかしくて消えたくなるほど反省しました・・・)

たかが長野市の一角の小さなイベントですが、それでも、みんなそれぞれ自分の音楽を持ち寄って力を尽くせば、その中で切磋琢磨も生まれて、すごいイベントになっていくと思いますし、そういうイベントになって欲しいです。

実は、とあるイベントの主催者から

「お客さんと演者が楽しければ、あまり音響はこだわらなくていいと思います」

と言われ、その方針には賛同できませんということでお誘いいただいたイベントの出演をお断りしました。

音響のこだわりなくして、どうやって音楽を楽しんだらいいのかがわからないのです。いつもいつも最高な設備の中で演奏できるわけではないことは、わかっていますが、それでもその中で最大限に良い状態を作ろうとする努力をしないのでしょうか?

私はこんなに練習してきたのに。。。。と。

もしかしたらお断りしたことで、干されてしまって、全然ライブできなくなるかもしれないと思ったのですが、そしたら、まぁ、その時だなと^^;

信頼できる場所と人はすでにあるので、大丈夫。


そして、ここまで読んでくれたあなたも、きっと私と同じで、音楽沼にはまった

こだわり野郎だと思うので、一緒に良い音楽作っていきましょ^^

114回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Tobira

《扉》 扉はパタンと 音をたててとじる カーテンは天井を 滑るようにとじる 夕焼けのドレスを引きずって 今日がとじる 終わりの合図が鳴りました 最後にとじるのは瞼 ステージを降りた 私たちは帰る ここを出たあなたも まっすぐ帰ろう 遠くで鳴いている よだかは空へ登る 終わりの時間になりました 寂しくなるけどまた今度 終わりの時間になっても どこかで朝が始まって 砂漠の国では戦火

Kakugo

《覚悟》 目が覚めた時に 隣にいたいな 休日もできれば 一緒にいたいな 楽しいことは 2人で分かち合いたいな でも辛い時ほど 側にいたいな 心配性のあなたは 順番ばかり気にするけれど そんなことはどうだっていい 病めるときや貧しいときに あなたの側にいたいの あなたが全てを失ったら 私が全部あげるよ 現実的なあなたは これからばかり言うけれど そんなことはどうだっていい 老いたあなたが私を忘れても

home sweet home

《home sweet home》 玄関の靴を見て おかえりの数がわかった たくさんならんだ食器棚は 満足気に微笑んだ ただ顔をあわせるだけで イライラする日もあった 話したいことがありすぎて 走って帰った日もあった home sweet home いつまでも home sweet home 変わらない 「幸せ」なんて言葉にしたら なんだか安っぽいなぁ home sweet home いつだって