• yamy

Tobira

《扉》


扉はパタンと

音をたててとじる

カーテンは天井を 滑るようにとじる 夕焼けのドレスを引きずって 今日がとじる 終わりの合図が鳴りました 最後にとじるのは瞼 ステージを降りた 私たちは帰る ここを出たあなたも まっすぐ帰ろう 遠くで鳴いている よだかは空へ登る 終わりの時間になりました 寂しくなるけどまた今度 終わりの時間になっても どこかで朝が始まって 砂漠の国では戦火が絶えず 都会のビルでは仮面が口を とじる とじる 平和を唄う人の声は あなたの耳から心の中へ 巡って 扉 あける

2021.8.11

INDIA live the SKY



50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Oto wo dasu

私はライブで1音を出すときに、その音がどうゆう音であって欲しいかというイメージをして音を出します。 その1音が自分のイメージの理想の音に近づけるよう、発声練習だのなんだのと練習を重ねてきました。(まだまだ理想には近づけないことばかりですが。。。) そのたった1音、出したらすぐ消えていってしまう物のために、莫大な時間とお金をかけてきています。ばかみたいだけど、そのくらい私の中では1音1音が大事な物な

Kakugo

《覚悟》 目が覚めた時に 隣にいたいな 休日もできれば 一緒にいたいな 楽しいことは 2人で分かち合いたいな でも辛い時ほど 側にいたいな 心配性のあなたは 順番ばかり気にするけれど そんなことはどうだっていい 病めるときや貧しいときに あなたの側にいたいの あなたが全てを失ったら 私が全部あげるよ 現実的なあなたは これからばかり言うけれど そんなことはどうだっていい 老いたあなたが私を忘れても

home sweet home

《home sweet home》 玄関の靴を見て おかえりの数がわかった たくさんならんだ食器棚は 満足気に微笑んだ ただ顔をあわせるだけで イライラする日もあった 話したいことがありすぎて 走って帰った日もあった home sweet home いつまでも home sweet home 変わらない 「幸せ」なんて言葉にしたら なんだか安っぽいなぁ home sweet home いつだって